5月 2015 | 謎カレンダー
2月20日
2006年のこの日、60年以上も未解読のままだった、ある暗号が解読された。その暗号の名前は「Enigma」。

第2次世界大戦でドイツ軍が使い、その難易度の高さから連合軍を苦しめたと言われている史上最強の暗号である。大戦中に破られた暗号もあったが、未だ謎であった3つの暗号のうち1つを、ドイツの「M4 Project」と呼ばれるチームが解読に成功する。

一体、彼らは何者なのか?そして、暗号文は何を伝えていたのか?

4月1日
エイプリルフールのこの日、ミシガン州のトラヴァースシティーにあるラジオ放送WTCMからある番組が流された。それはアイプリル・フールのジョークとして企画された曲だった。

しかし、その放送の直後から、視聴者から不思議な証言が次々と寄せられたのだという。
その曲に歌われている”ある謎の生物”についての目撃証言だ。

エイプリルフールのジョークのために作られたはずの曲に、
なぜ、目撃証言があるのか?

都市伝説「ミシガンドッグマン」とは?そして、ドッグマンは果たして実在するのか?


11月22日
1987年のこの日、今なお ”史上最大の電波ジャック”といわれる事件が、米・シカゴのテレビ番組で起こった。
ニュース番組の途中で突然画面が切り替わり、謎の男が語りかける映像が流れたのだ。

その映像に現れたのはイギリスの音楽番組のバーチャル司会者であるCGキャラクター「マックス・ヘッドルーム」だった(写真下)。

その後、「マックス・ヘッドルーム事件」として名を馳せる、この史上最大の電波ジャック事件は、
一体なぜ起きたのか?そして、その犯人とは?

5月26日
1948年の5月26日、ある一人の男が息を引き取った。男の名前は「ミリン・ダヨ」。
胴体にサーベルを突き刺して貫通させるパフォーマンスを数限りなく行い、「不死身の男」と呼ばれた謎の人物である。後に、米タイムス紙上に『奇蹟の男(Miracle Man)』として紹介され、さらに不思議な予知能力すら持っていたとされるこの男は、一体何者だったのか?

そして、どうして”不可解な死”を遂げたのか?


Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム