地球外生命体の有力な手がかりとされる「Wow! シグナル」とは~電波望遠鏡が受信した72秒の宇宙からのメッセージ | 謎カレンダー

地球外生命体の有力な手がかりとされる「Wow! シグナル」とは~電波望遠鏡が受信した72秒の宇宙からのメッセージ

8月15日
1977年、人類は地球からはるか遠くにある宇宙空間から送られた72秒間の信号を受信した。
未だにそれが送られた方法、どこから来たのかと言うことは解明していないが、
今に至るまで地球外生命体がいることを示す最も有力な手がかりとされている。

ビッグイヤー電波望遠鏡がとらえた謎のメッセージ



1977年8月15日ジェリー・R・エーマンがオハイオ州立大の巨大アンテナ「ビッグ・イヤー(Big Ear)」電波望遠鏡である電波信号を探知した。氏は発見時の状況をこう語っている。
「それは自分が今まで見た中で最も奇妙なシグナルだった ... 最初は、どうせ地球から出た電波が宇宙ゴミに反射して返ってきたんだろうと思ったが、さらに調べてみて、それはありえないことが分かったんだ。」




その信号は恒星間の通信での使用が予想される信号の特徴をよく表していた。また、地球の電波が人工衛星に撥ね返ってきたものではない根拠として、その信号は水素原子の電波とされ、それは地上で使用が禁じられているものだったのだ。この水素線の周波数は、電波天文学のために「保護されたスペクトル」で、地球で製造された送信機はこの周波数の電波を送信することを禁じられているのだ。そのため、どこかで反射したという可能性は無い。

これに驚いたエーマンは、プリントアウトした表の該当部分を丸で囲み、"Wow!" と書き足した。(画像上)そのため "Wow! signal" としてこの謎の信号の名前が広く使われるようになった。


Wow!シグナルの謎


エーマンが印を付けた "6EQUJ5" という文字列は、信号の強度を意味している。
強度が1に満たない場合は空白で表され、1~9の数字はそれぞれが10までの強度に対応している。10を上回る場合はラテン文字を使用されると決められていた。
wowシグナルに表された"6EQUJ5"という文字列に含まれる "U" は、30以上31未満の信号の強度を表しており、これは観測された電波信号として最も強いものだった。(画像)

また、望遠鏡は天球上のある一点を72秒間ほど観測できるため、もしも地球外から発信された信号が観測された場合は、36秒の間に次第に強まり、ピークに達した後、36秒で消失していくパターンを持つだろうと予測されていた。
実際に観測されたWowシグナルは72秒間ほど持続していた。その強度変化 ("6EQUJ5") も上記に一致するもので、太陽系外に由来する可能性が高いと考えられる根拠となっている。

宇宙のどこから発信されたのか?




Wow! シグナルが発信された場所はいったい宇宙のどこだったのか?
その正確な位置を確定するのには困難がつきまとった。
信号は片方のホーンで捉えられたものだが、処理の過程で二つのホーンの情報が合成されたため、どちらが受信したのかはっきりしていないのだ。
しかし、解析の結果、赤経19h 25m 31±10s / 19h 28m 22±10s、赤緯−26° 57±20′と分かり、この座標は「いて座」の領域内で、いて座カイ星と呼ばれる5等星から2.5度ほど南に外れた位置に相当するとされている。
またWow! シグナルはとても強い電波だったため、低く見積もったとしても、同じくらい強い電波を放射できる天体は、宇宙で100個ほどしかないと言われている。

wow! シグナルとは一体何なのか?


Wow!シグナルと同一あるいは類似のシグナル検出の試みは発見後20年に渡り何度となく続けられてきたが、どれも失敗に終わった。
発見者のエーマン自身は、信号が地球外に由来することに懐疑的な見方を示すようになった。彼は、「50回ほど探したなら、我々はもう一度観測出来たはずだ。単にスペースデブリのかけらに反射した地球起源の信号のようだ。」と述べていたが、のちはそれは不可能であるとわかり、発言を撤回している。



Wow!シグナルは狭い周波数に集中した強い信号で、条件を見ていくと太陽系外の地球外生命によって送信された可能性が高いとされている。今に至るまで地球外生命体がいることを示す最も有力な手がかりとされているが、残念ながらその起源は謎のままである。



参照元:Wow!シグナル
Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム